診療方針

当院は、インプラントなどの保険適用外治療だけでなくムシ歯や歯周病などの保険適用の一般歯科診療も積極的に行っています

私たちは、インプラントや入れ歯を考える前に、まず、あなたの歯を守ること、抜かないように治療することがとても大切なことだと考えています。残念ながら、すでに歯が無くなってしまった方や、無くなってしまいそうな方でも、適切な義歯治療/インプラント治療を行うためには、残っている歯のムシ歯や歯周病の治療はとても大切なものです。

当院では、インプラントよりも、まずあなたの歯を守ることを考えています

あなたの歯を守ることに情熱を燃やす歯科医院でなければ、大切なあなたの体にインプラントという人工の歯根を埋め込むような先進的治療を安心して任せることはできないと思います。まずは、残っている歯を救う手段を考えることから、全ての治療(チャレンジ)は始まります。 歯の痛みや違和感、ぐらつき、歯茎の腫れ、歯石取りなど、お口の中の悩みごとは何でもご遠慮なくご相談下さい!


あべやま歯科クリニックの診療理念

あべやま歯科クリニックは患者様の満足度、QOL(生活の質)を最も大切に考えています。『インプラント』は単なる治療手段のひとつに過ぎませんし、『インプラント』だけでは患者様を幸せにすることはできません。ですから、私達はあべやま歯科クリニックをインプラントだけを売り物にする『インプラントセンター』を目指すのではなく、患者様のお口の健康をトータルでケアする『口腔ヘルスケアセンター』となることを目指して北九州市小倉南区で頑張っています。 当院では、できるだけ歯を『削らず』、『抜かず』そして『痛くない』治療を追求し、予防歯科治療にも力を注いでいます。しかし、残念ながら歯が無くなってしまった場合、患者様の満足度やQOLを重視するとインプラントによる治療が最も適切である場合が多いのは事実です。しかし、インプラントによる治療は、どうしても外科処置が伴い治療期間も長くかかることが問題でした。

ところが、近年、患者様の満足度を重要視し、QOLに配慮した最新の治療法が次々に開発され、治療が劇的に変化してきました。患者様にやさしい最先端の治療法を北九州で提供できないか。私達は、そういう考えで2006年に桜の名所である安部山公園の入り口にあべやま歯科クリニックを開業しました。 当院では、全く歯の無い総入れ歯の患者様に、骨移植などをせずに半日で全部の歯がインプラント義歯になる究極の即時インプラント治療『オールオン4』や、CTデータをもとにした3次元手術シミュレーションによりムダな骨移植を避けるグラフトレスサージェリー、コンピュータでガイドしながら歯茎を大きく切り開かずに僅か直径数ミリの穴を開けるだけで手術を行うフラップレス・サージェリー(術後の痛みや腫れがほとんどありません)など最先端のMI(ミニマルインターベンション; 最少限の外科処置による)インプラント治療を北九州で行っています。

『インプラント』は、従来の『入れ歯』や『ブリッジ』と違い、残った隣の歯に全く負担をかけずに失った歯を回復できる『からだに優しい』治療法です。しかし、インプラントは万能ではなく、患者様それぞれに条件が異なりますので、X線CT撮影など精密な検査を行い、安全確実な治療を行っています。当院では、担当医が保険適用の治療や保険外の国際標準の入れ歯も含めて様々な治療の選択肢を丁寧にご説明し、患者様の十分なご納得の上で治療を行っております。何でもお気軽にご相談下さい。(北九州市近郊の方は、是非一度ご来院下さい。遠隔地の方でメールによるご相談は、こちらから)

© Abeyama Dental Clinic 2006-2018